チュチマ社の前身は1845年にドイツ・グラスヒュッテに創設された時計工場です。後にドイツ時計産業の父と呼ばれるフェルナンド・アドルフ・ランゲにより育てられた時計職人達はそれぞれが独立し、工房や時計会社を設立、純ドイツ製時計の製作を開始しました。

1926年、法律家ドクター・エルンスト・クルツが先頭に立ち、グラスヒュッテの時計工場は再編・合併します。

1927年に新会社(UROFA社・UFAG社)が設立されてスイスブランドにも負けない、より高品質な時計生産が始まりました。当時のUROFA社・UFAG社によりグラスヒュッテで製作された最高精度の時計には、ラテン語で「安全な」のtutusという形容詞に由来する「TUTIMA」の称号が付けられました。

1945年、第二次大戦末期、東ドイツ占領下となる直前、グラスヒュッテ時計産業の中心人物で法律家であったドクター・クルツとUROFA社・UFAG社の幹部達はドイツ西部、ニーダーザクセン州、ブレーメン近郊ののガンダーケセという町へ移り住みました。彼らがグラスヒュッテで築いた緻密な技術や革新を求めるスピリットそして彼らが伝統的に受け継いできた時計の知識をもとに新しいサクセスストーリーを作り上げていきました。彼らの技術とスピリットは1960年代よりディーター・デレケイトによって現在まで引き継がれています。他社のムーブメントを採用した時計製造と販売部門は継続、デレカーテ氏の経営手腕はその後の70年代クォーツショックをも乗り越え1983年、社名をTUTIMA(チュチマ)社とし現在に至ります。

ご注文方法やお支払い方法は こちら ←をご覧下さい
ご注文やお問い合わせは ←よりお願いします
ご注文やお問い合わせはお電話でもどうぞ 0120-63-220
トップページへ

輸入時計は正規品を買いましょう
平行輸入品の場合は修理料金が正規品の2倍から3倍掛かることがあります
当店は全て正規品です
保証期限が切れても保証書は必ず保管しといて下さい


チュチマ M2 コーストライン オートマチック チタン   6150-02
文字盤デザインにミリタリーウォッチらしい武骨さを残しつつも、丸みをおびたフォルムや現代的なブルーカラーを取り入れるなどしてカジュアル感をプラスしたコーストライン。一方、30気圧防水に加え、フルチタン仕様などスペックは本格的だ。
【製品仕様】●自動巻(Cal.Tutima300)●カレンダー(日付・曜日)●純チタンケース&ブレス(プッシュ3ツ折れバックル)●サファイアクリスタル●30気圧防水●ねじ込み式リューズ●直径43ミリ(リューズ含まず)●厚さ13,5ミリ●定価¥250,800(税込)
商品NO 商品名 価格
10299 チュチマ M2 コーストライン オートマチック チタン ¥198,000(税・送料込)

トップページへ